ダンサーデリヘル熊谷 | 熊谷デリヘルでナンバーワン!

 

ダンサーデリヘル熊谷

  • 投稿者 : 背黄青鸚哥
  • 2015年2月17日 12:49 AM

きみにあたるつもりはなかったんだが」デリヘルマニアは、この言葉を自分が悪かったと認めたようなものだと考えた。にわかには信じがたいが熊谷 デリヘルも小さくうなずいてそれを受け入れると、怒りもすっと消え失せた。すると、なぜかっかと怒っているときに爽快だったのか気がついた。怒りの去ったあとに、また恐れがもどってきたからだ。熊谷こそが「そうね、あのう・ちょっと聞くけど、ここ数日のあいだに、彼の部屋のドアを蹴破ろうと考えたことあった?」デリヘルマニアは顔をしかめてじっと考えた。「というと・あいつが自殺か何か考えているという根拠でもあるのかい。ぼくに対しては完全に満足してくれているように見えるが」「それはそうよーあなたに対しては」デリヘルマニアは強調するためにそこで言葉を切った。「でもさっきの言葉に、かなり近いと思うわ」デリヘルマニアは親指と人さし指を一ミリぐらいまで近づけて示した。その指はまだ血で汚れていて、そこに目がいくと悲しみがよみがえった。ヨウはあの仕込み杖の鞘を抜いて弄んでいたのよ。あんなもの、あげなければよかった。もし彼があれで喉を掻き切ったりしたら、わたし耐えられないわ。そういうことをーあのとき、彼は考えているような気がしたの」「ああ」きらびやかな軍服を脱いで怒りの去ったデリヘルマニアは、なぜか小さくなったように見えた。彼がさしのべた手を取って、風俗博士は隣に腰かけた。「だからね、わたしたちがアーサー王のラーンスロットとグウィネヴィアの故事にならったのだという幻想を抱いたのならー頑固おやじさん、そんなこと忘れてちょうだい。くだらない幻想よ」彼は軽い笑い声を立てた。「ぼくの幻想は、まさにきみのいったとおりだったらしい。それに、どうやらそれ以上にあさましいものだった。まさに昔の悪夢のような」「ええ、さっきの。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。